So-net無料ブログ作成

いよろっ32 [旅日記]


フランクフルトからソウルに向かう間、
機内エンタメの映画を何本か観ていたら、
約12時間の飛行時間は、
あっとゆー間に経ってしまいまして、
この旅で5回目の飛行機も、
割とあっさりな感じでインチョン空港へ御到着。

空港では往路で1時間ぐらいだった乗り換え時間が、
今度は4時間とちょっと。

う~ん。
ビミョ~。

6時間ぐらいあれば、
ソウル市内まで行って、
食べに行きたい!!
...とか思ってたんだけど、
4時間ちょいだと、
ソウル市内往復はちょっとキビシイ。

頑張ればナンとかなるかもしれないけれど、
そんなギャンブルはしたくないし、
仁川市内で探すのもなんだかなーだしってことで、
一応、入国してみて、
インチョン空港内をぐるぐる回ってみたんだけれど、
噂の店はあったもののカンジャンケジャンは、
メニューから無くなりました的なことになってたようで、
結局、見つからず食べれずで...。

EUR3824_Rr.JPG
                      空港内をウロウロ

生ものもイイところだもんな...。

仕方ないので、
前回、ソウルに行ったときに、
早食いするしかなくて、
同じ店で改めて頂く...。

EUR3832_R.JPG
                      熱々でもOK!!

うん。まぁウマイね。
ゆっくり食べれるっつーのはイイことだ。

インチョン名物(?)の、
民族衣装を着た一段のパレードなんかも、
じっくり堪能していると...。

EUR3829_R.JPG
                     じっくり観ましたよ

...。


...。


...。

EUR3831_R.JPG
                      最後までじっくり

すっげーヒマ...。


4時間ってソウル市内に行くには短いけど、
乗り継ぎの飛行機をただ待つだけってのには、
長すぎるんだよな...。

このタイミングで買い物とかも、
する気もしないしね。

退屈だろうとなかろうと、
何も無くとも時間は流れ、
新潟への飛行機も無事に飛びまして、
長かった旅行もいよいよおしまい。

いやはや、
今回の旅行はホントに頑張った。

パッケージツアーを使わなかったんで、
スケジュールを自分で組んで、
飛行機のチケットもホテルも、
自力で手配だもんなー。

実のところネットでHISに手配すれば済んだんで、
やってしまえばナンてことなかったんだけど、
そのやるまでのハードルが高かったわけで、
いろいろ心配しつつ、
それでもなんとかなって、
そういった意味でも満足感アリあり。

やり方もなんとなく判ったっぽいんで、
行き先が欧米系の文化圏であれば、
今後はナンとかなりそーな気も...。

言葉関係も、
Hello!とThank youとPleaseを現地語で覚えておけば、
あとはスマホのGoogle翻訳でなんとかなるかなぁと、
思ってみたりして。

Googleマップが使えれば、
初めての場所も道に迷うこと無いし、
気持ちの部分では凄くラク楽...。

いやはや。
インターネットすごいね。
スマホもスゲー。
Googleグレイト!!

世の中は更に進化しているんだと実感。

この旅行に向けて、
スマホに変えて良かったな。


改めてこの旅行を振り返ってみると
だいぶ駆け足な日程ではあったけど、
めちゃめちゃ内容の濃い8日間だったなぁと、
つくづく思う。

パリなんかはベタなところをバァーッと観て回っただけだったんで、
ホントに表面的なところしか触れていないんだけど、
帰ってきてからニュースなんかでパリからの中継なんかがあると、
どの辺りで撮影してるんだろ??とか思うようになったりして、
エッフェル塔とかテレビで映ったりすると、
どの方向から撮影してんのかなーなんて、
気になっちゃったりするのよね。

シャン・ド・マルス公園が映っているのか、
シャイヨ宮が映っているのか?
遠景ならモンパルナスタワーが映っているのか、
サクレ・クール寺院が映っているのか??
みたいなね。

img_1513671_60300545_7.jpg
 Webより拝借 モンパルナスタワーと塔が見えるってことは凱旋門からじゃないかな?

案外、CMとかでノートルダム大聖堂とかが、
映る機会が多いのにも驚き。
 

           カエルが真っ赤になっているシーンはノートルダム寺院の裏あたり

EUR0682.JPG
                   ノートルダム大聖堂の裏

行かなきゃ気にもならないもんな。

やっぱ知らなかったことが、
わかるようになると、
いろいろ楽しい。

もう2日ぐらいあって、
ノートルダム大聖堂&オルセー入場,
ユーロスターでロンドン往復とかできたら、
最高だったんだけどな。

バルセロナはカラッとした気候もイイし、
飯もウマイし、
街の雰囲気もなんだか良くて、
住んでもイイなーなんて思っちゃうぐらいなところで、
ともかくその一言につきる。

EUR2571.JPG
                       いいトコロだ

1日半ぐらいしかいなかったんで、
それだけの浅い範囲で感じただけなんだけど、
時間さえあればカサ・ミラとかの中なんかも、
観てみたかったもんな。

EUR3141.JPG
                     入ってみたかった

観てみたかったし、
仕方がないけど、
もっといろいろ観たかった!!

ホントに十ナン年経ったら、
改めて行くかもしれない...。

フランクフルトについては、
ホンの一瞬だったから、
ナンとも言えないのだけれど、
もしかしたらフランクフルトオンリーの、
観光ってのは無いかもね。

パリオンリーとかローマオンリーみたいなツアーはあるけど、
フランクフルトオンリーって、
あんまりイメージ無いもんな。

なのでそうゆうことなのかなぁと。

でもヨーロッパだなぁって思わせる、
雰囲気はイイ。

つまるところ欧米はイイ!!ってゆーのが、
この旅行の結論。

また今度があるかは、
判らないけれど、
今度はどこに行こっかなーとゆー、
妄想だけは毎日爆発中。

ギリシャとトルコあたりを、
セットで行ってみるのもいいかもな...。

ロンドンも優先順位上がったな...。

妄想で旅程を立てて、
オンラインで見積もりをとるのが、
趣味になったとゆー...。

長々と旅行記を書いてきましたが、
やっとコレでおわりです。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

いよろっ31 [旅日記]


荷物の心配も何とか解消し、
あとは出国審査を受けて、
飛行機に乗るだけ。

...なんだけど。

なんか変だったなー。

俺の数少ない経験の話でしかないんだけど、
今まで何回か出国審査ってやったんだけど、
どこの国からの出国審査も、
規模の大小の差はあったとしても、
だいたいやる手順はそれほど変わらなくって、
なんとなーくでナントカなったりするんだけど、
ここについてはナンか変。

動線みたいなモンが、
なんかしっくりこなかったのよね。

あ、出国審査の後に、
手荷物検査があったんだった。

手荷物検査が先の方が、
変なところで変な待ち時間がなくて、
良いような...。

しかも手荷物検査の係りのあんちゃんも、
ナンパまがいのことしてるし、
そういった部分も含めて、
全体的に印象が悪い。

バイオリンが、
税関で引っかかって
没収されたなんて話も、
後々のニュースで聞いたりもして、
なんかいろいろトラブルの起こりがちな空港らしいって話だったんで、
そんなニュースを見て納得しちゃったりしたりして、
ともかくフランクフルト空港は、
印象よくなかったっすね。

そんでもって飛行機へ御搭乗。

窓から見える翼がやけにツルツルしてるなーなんて、
思いながらイロイロみていると、
何やら翼の付け根が特徴的。

EUR3812_Rr.JPG
                    妙にツヤがある翼の塗装

....。

なんか見覚えがアル

後ろを振り返ってみると、
ずっと向こうにらせんの階段があるような雰囲気が...。

EUR3817_Rr.JPG
                     見えないんだけどね    

もしやと思って、
シートに設置してある安全の手引き的なのを見てみたら...。

EUR3813_Rr.JPG



B747を超える、
総2階建ての世界最大の旅客機。

一度乗ってみたいなぁ...なんて、
思ってはいたんだけど、
そうそう乗れないよねぇとも思っていたので、
まさかこんなタイミングでなんて、
一気にテンションが上がる。

うれしーーーー!!!!

なんだかんだでデカい飛行機は、
それだけでテンションが上がる。

通路が2つあるのも、
テンションが上がるのよね。

この旅行ではソウル~パリ間の時に、
B777にも初めて乗れてたんで、
そういった意味でもいい旅行だったよな。

飛行機に乗るのも旅の楽しみ。

ホントは二階に行ってみたいな~なんて思いつつも、
雰囲気的にそれは叶わずでちょっと残念。

たぶん一階の方が快適だとは思うんだけどね。

B747も二階とかだと壁面が傾斜してるもんだから、
けっこう圧迫感があったりして、
同じ意味でA380も一階のほうがイイとは思うのだけれど、
新幹線のMAXにしたって二階のほうがテンション上がるのと同じで、
ともかく二階とか一周してみたかったー。

A380は尾翼上部にカメラがついてて、
こんな視点の機外カメラって初めてなんで、
なかなか面白い。

EUR3814_Rr.JPG
                     あんまり無い視点だよね

機内食は往路とほとんど同じだったけど、
ふつーにウマくて問題なく、
機内エンタメも日本語吹き替えの映画もバッチリあって、
全然退屈しないで済んだとゆー。

EUR3818_R.JPG
                   ビビンバはハズレなし

新潟-成田間も飛行機が飛ぶようになったけど、
新潟発15:10なんて、メチャ不便な時間帯なんで、
新潟から乗り継ぎで外国へ行くなら、
やっぱ大韓航空が便利ってことになっちゃうか~。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

いよろっ30 [旅日記]


空港に戻り、
今度はルフトハンザではなく、
大韓航空への乗換えだったので、
空港内バスで別のターミナルへ移動

EUR3787.JPG
                     バスもドイツ車ですね

EUR3791.JPG
                       ターミナル2です

JALも同じターミナルだったみたいで、
日本人向けの御案内が...。

EUR3792r.JPG
                       日本語で御案内

ん??

250ユーロ追加でプレミアムエコノミーにアップグレード??

わぉ!
スッゲーいいじゃん。

飛行機の長距離移動を、
広々シートでなんて、
夢のようだっ。

ちょっと贅沢だけど、
少し頑張れば片道ぐらいなら、
ナンとかならなくもない金額だし、
これはイイなー....。

なんて思いつつも、
こちとら大韓航空だから、
全然関係ナッシング。

そもそもJALってだけで、
ベースの値段も違ってるっぽいしな...。

そーゆーサービスがあるってことなのねっつーのを、
判っただけでも良しとするかってなレベルの、
他人事。

んでもって、
実はココで重要なミッションが...。

今回のチケットの取り方なんだけど、
バルセロナから新潟までのチケットってことで、
手配をかけたんだけど、
仕組みはよく判らないんだけど、
大韓航空が手配をしてくれたらしい。

ただ、バルセロナ~フランクフルト間は、
たぶん大韓航空の便がないからだろうけど、
ルフトハンザだったのよね。


なので、バルセロナではルフトハンザでチェックインして、
スーツケースとかもルフトハンザに預けたわけなんだけど、
ルフトハンザと大韓航空がちゃんと連携して、
それがホントに新潟まで届けてくれるのかが、
イマイチ心配で...。

航空会社間の情報共有が、
どうゆう仕組みでやってんのか判らないけど、
なんとなく各社別々のシステムで稼動させて、
乗り継ぎのところだけの情報ぐらいしか、
やりとりしてなくて細かいところまでは、
情報共有されていない気もするし、
出発前に日本で確認はしたんだけど、
たぶん大丈夫...ってなぐらいの、
確認具合で全然安心できてなかったってゆー...。

バルセロナでチェックインしたときにも、
確認したんだけど、
ルフトハンザの人にその辺を聞いても、
こっちの意図を向こうがわかってくれてんのか、
くれてないんだかさえよく判らない。

そもそも新潟って知ってんの??
日本ってドコにあるんだか知ってんの??
ってレベルっぽかったモンなー...。

ってなことで、
ここで改めて再確認。

せめてバルセロナからフランクフルトに、
荷物は届いているだろうし、
ルフトハンザから大韓航空には、
荷物は渡っているだろうと...。

最悪、ロストバゲッジしてても、
ここでルフトハンザに直接問い合わせたって、
いいわけだから、
乗り継いだ先で気がついて問い合わせるよりは、
ずっとマシ。

と、ゆーことで、
大韓航空のカウンターで聞いてみる。

EUR3794.JPG
                言葉的な都合で決死の覚悟なのです

えーと。

結論としてはソウルまでは、
荷物が届くことになっていて、
新潟には届かなかったっぽかったってゆー...。

ふぅぅぅぅぅ。

俺、グッジョブ!!

危ない危ない。
やっぱ確認はしておかないとね。

まさかと思っていたけれど、
ちゃんとそのあたりのチェックができてて、
オレって偉いなぁ...なんて、
自分で自分を褒めてみたり。

ちなみに交渉はすべて、
スマホのグーグルくん翻訳で。

いやぁホントに便利な世の中になったモンだよね。

ホント。

グーグルさまさまです。

ってなことで。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。