So-net無料ブログ作成

たまには社会派っぽく...な話とか [つぶやき]


※ 一ヶ月も前に書いたエントリー。
  なんか他にも書こうとしてた気がするけど、
  忘れちゃったのでお蔵だし。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


この前の小笠原にいった前日の話。

なんせ一週間に一便しかないおがまるなモンで、
乗り遅れは許されないっツーことで、
小笠原に行くときは前日に東京まで移動して前泊して、
新橋に繰り出すのがお約束。

竹芝のホテルから新橋まで歩いてみたんだけど、
汐留すげーなー....と。

何がスゲーって建物とかね。

なんだかもう俺的には現実離れした、
近代的でデカくてリッチな雰囲気のビルがバカスカ建ってて、
しかもその辺りのビルは全部それなモンで、
ズーッと上ばっかみて歩いちゃうような状態でして。

sio1.jpg
webから拝借。ちっと離れれば昔ながらな景色もあるけど中に入るとバベルの塔を彷彿。


たしかここ10年ぐらいで開発されたばっかなんで、
今ドキで新しいビルばっかってのは判るんだけど、
こんなところにドカンと建ってる日テレで、
デフレで不況で大変だぁ~なんてニュースで言われても、
どこの話なのよ~~~って思わずにいられない。

会社名とか見ると
聞いたことのあるような老舗系超有名優良会社ばっかだもんなー。
このあたりでビシッとスーツで働いてる方々なんて、
超エリートさんなのね。なんて想像してみる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小笠原

小笠原に来てたんだけど、
これから帰るです。

今日は、母島とケータの、
両方が見えるぐらいの、
スッゲーいい天気。

ちなみに今はTシャツだー。
P1000490.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

米日記(第14日目) [旅日記]

あとがきだーーー。
長かった...。

この前のニュースで
ロックフェラーセンターのニュースやってたーーー!!!

                                                


"The morning glow on the sky"
December 3 1998

ただいま空の上です。
日本に向かっています。

約2週間の旅行も14日目を迎え、
日付的には15日目に入っています。

いやぁなごりおしいっすねぇ。
ホントに期待していたより楽しい旅でした。

※まず先に...ちょっと感動したこと

さっき朝焼けを見ました。
どこを飛んでいるのかわからなかったけど、
7時ぐらい(日本時間)に朝焼けが見えました。

DSC0033.JPG
    画像がないのでエンパイアステートビルでの夕焼け


すっごくキレイ。
雲の海の水平線(?)から昇ってくる太陽は大きくて
太陽にほえろみたいに少し横長につぶされたように
みえました。
雲の上なのでさえぎるものなんてなく、
オレンジ色の光が水平線場にパァーッと広がっていて、
そして天上のうす青い空の色まで変化していく
グラデーションが最高にキレイでした。
まさに幻想的。

...で、普通なら数分でそんなの終っちゃうはず
なんですが、ずーっと朝焼けのままでした。
飛行機の飛んでる方向のせいなのかなぁ?

やっぱり地球はまわっている!?

※この旅のまとめ

今回の旅は結構精力的にあちこちまわったので、
ガイドブックに載りそうなところは、
かなり押さえました。

一般のツアーよりも楽しめたんじゃないかと
思い込んでいます。

NYで不思議なのは一度見たからOKではなくて
"もう一度観てみたい!!"
と、思えるところです。

景色しかり、ショーもしかり。
ミュージカルなんか何度も観に来る人がいるから
あんなに何年もロングラン公演できるんだよね。

ショーの質と何度でも観に来ようとする観客の
土壌があってこそ成り立っているんじゃないかと
思います。

アメリカは広い国です。
今回はその一部を見たに過ぎないけど
ずいぶんと勉強になった気がします。
マンハッタンの高層ビル街、
ミシガン湖から観るシカゴ市街の美しさ、
ナイアガラの雄大さ、
トロントの夜、
ホントに楽しい思い出です。
車を運転してみたり、
映画を見たり、
食事をしたり、
日本でいつでもやっていることも
日本でないところでやるだけで
新鮮でした。

もちろんすべてをひとりで成したわけではなくて、
同行してくれた羽場、
NYでお世話になった端倉さん、
シカゴでお世話になった羽場のお兄さん夫妻、
旅先で出会った人たち、
皆さんのおかげです。

そして日記を読んでくれるといった
みなさんにも感謝です。

実のところ自主的に毎日日記をつけるとゆーのは
生まれて初めてのことだったんですけど、
案外これが楽しい作業であったわけでそれをまた
人に送りつけちゃうなんて恐れ多いことを
してみると、これまたスリルとゆーかなんとゆーか
そーゆーカンジで非常に楽しかったです。

これを読んでくれた皆さん。
駄文長文でありましたが、長い間のお付き合い
ありがとうございました。
そして感想を送ってくれた方々、
ありがとうございました。
ホントに励みになりました。

つらつらと長々と感じるところを
書き留めてきましたが
この日記もこれで最後です。

またいつか同じ事ができると良いのですが...。

今度は西海岸もしくはペルー日記でも
書けるといいなぁ...なんて思っています。

てなことで。


おわり

                                                


【解説】

そういえば、
長めの海外旅行って、
こん時が初めてで、
ってか、後はエジプトとイタリアが
ちょっと長かったぐらいなんだけど、
日付変更線を超える旅行ってのも、
こん時が初めてで、
ってか、こん時しかなかったんだけど、
いやいや、
何度か海外旅行って行ったけど、
やっぱこのアメリカの旅行が一番だっただなー。

正直なところ、
エジプトにせよ、
イタリアにせよ、
中国にせよ、
同じところにもう一回行こうとは思わないのですよ。

一回みておけばオッケー!!
だったら別のところを観にいくぞーーー!!!
ってな感じで。

でもニューヨークは、
何度でも行きたくなる!!

もう10年以上たってるから、
また全然変わっているだろうしね。

なんせ911の前だもんなー。

実はノースウェストマイレージが、
10万マイルほど貯まっているので、
時間をつくって、
また行きたいなー...とは思うのだけれど、
外国の航空会社のマイレージって、
特に地方在住だといろいろな面でハードルが案外高くて、
そもそも時間をつくるのにハードルが高いので、
しばらくは難しい。

そういえば、この頃って
ブロードバンドなんて言葉も無くって、
インターネットって言葉がやっと耳に入りだした頃。

楽天amazonも無かった時期に
インターネットで物を買うなんて、
そんなの大丈夫なの~~~な頃だったんだけど、
プーで時間アリ金ナシの俺は、
時間をフルに使って、
インターネットで格安航空券を手配して、
見ず知らずの端倉さんを頼りに、
この旅行に行ったんだよねー。

ホテルを予約して日本を発った筈だったんだけど、
現地についてもホントに宿が予約されてんのか、
着いてみるまでスッゲー不安で...。

でも結果、未だにこんな旅行って、
もう出来ないかもなーって思えるぐらいの、
いい旅行ができて、
そん時、インターネットってスゲェんだなーーーって、
思ったよ。

最近はイタリア旅行なんかは
フツーにインターネット経由でHISだったけどね。

この時は56kのモデムをPCカードで別付けした
スンげー遅いノートPCを持っていって、
せっかくなんでダーっとその日その日で、
書き留めたのがこれなんだけど、
今だったらブログとかにあげるんだろうけど、
人にメール送ってたり、
でもまぁ今こうしてあのときの事を思い出せるって、
こーゆーのを書いておいて良かったって、
思うんだよね。

正直なところ、
その前にいったエジプトのことなんて、
何となくしか覚えてないもんなー。

なので、
実のところその時そのときは面倒なんだけど、
極力、こうゆうのを書くようにし始めた
きっかけの旅行でもあったわけだけど...。

またこうやって記録に残せる、
旅が出来たらいいと思う。

と、ゆーことで。


第13日目


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

米日記(第13日目) [旅日記]

いよいよ最終日

                                                


"Christmas Christmas!!"
December 2 1998

日本は寒いそうですね。

NYは...
メチャクチャあったけーーーっ!!

昼間その辺りを観ていたら街の温度表示が
19℃を指していました。

誰に聞いても今年はあったかいって言ってましたよ。
ほんとに昼間なんてTシャツにフリース1枚で
歩いたら、汗をかくぐらいだったもん。
しかもこの旅行の中で1番のピーカンで、
街の中を歩いているのがとっても気持ちよかったです。

そうだよね~。
今回の旅行ってホントについてるよ。
雨が降ったのってNYに着いた日とか移動の日ぐらいで
(それもちょろっと)展望台に登るとかそんな時は
まず晴れていたもん。
せいぜい靄がかかっているとかぐらいで
曇りってぇのもあんまりなかった様な気がするよ。

自分でも知らないところで日頃のおこないが
良かったのだろうか?

DSC0008.jpg
                天気イイーーーー!!!!のイメージ

DUFFYの部屋から晴天の中のNYの風景を眺めると
ホントにNYに住んでみたいな...
なんて思ってしまいます。

カウチなんぞに寝そべりつつ、コーヒーなんか飲みながら
テレビを見ているだけでも、窓から入る日の光と風で、
至福の時が流れます。

(俺ってかっくいー!!...なんて...(^_^;) )

さて今日で丸1日NYにいられるのも
最後となりましたが、どんなことをしていたかとゆうと

立っていました (・o・)

しかも5時間もおんなじところで立ちっぱなし。

今日はロックフェラープラザってところの
多分、世界で一番有名であろうクリスマスツリー
点灯式を観てきました。

Rockefeller Center



TVとかでNYの風景としてスケートリンクが映ったら
まずそこはロックフェラープラザ(センター)だと
思って良いです。(独断)

で、そこのクリスマスツリーの点灯式。
当然大勢が集まります。
午後の9時に点灯するのに4時から並んで
まさしく突っ立っていました。
トイレにも行けないんだもん...(T_T)

つかれたよぅぅぅ。

でもね、
良かったよ。
お祭りだもん。

昨日はCNNって書きましたが、それは大きな間違いで
NBCでした。
7時から中継開始。
たぶん全米ネット。

点灯までの2時間、何組ものエンターテイナーが
式を盛り上げていました。

残念ながらステージを直接見ることはできる位置では
なかったんだけど、プロジェクタースクリーンが
設置されていたので何をやっているかは
良くわかりましたよ。

知ってたのはシンディーローパーとクリスティン
ヤマグチ(フィギアスケートのオリンピック選手)
ぐらいだったけど、それなりに盛り上がってました。
(クリスマスソングぐらい英語で唄えるように
  しておけば良かったとちょっと後悔)
ちなみにシンディーローパーとの直線距離は
30m以内と推測。

たぶん日本でもニュースぐらいにはなるよね。
今晩のニュースを観ておいてください。
信号機の下に黄色いジャケットを着ている
ヒゲ面の男を見たらそれは俺のこと。
(ちなみに2時間の放送時間の間に映っていたのは
  確認済み。全米は制覇だ。ガハハハハ。)

クリスマスツリーの点灯はヒラリー婦人の手により
行なわれ、それはそれは綺麗なクリスマスツリーに
なりましたとさ。

今のNYはロックフェラーのツリーはもちろん、
街中がクリスマス色に染まっています。
電飾のついていない木はまったくといっていい程なくて
ホントに綺麗です。
わざわざこれにあわせてNYに戻ってきた甲斐が
あったってもんだってカンジです。

今度はいつかカウントダウンを観てみたいなと
思いました。
(ちなみに来年の暮れのホテルはどこもいっぱい
  だそうな...。
  2000年へのカウントダウンだもんねぇ。)

(今日は説明が多くてつまんないな...(・_・) )


さて...
長いようで短かったアメリカでの夜も今晩で最後です。
いろいろあった旅行ですがホントに来て良かったな。
いろんなことを経験できて楽しかった。
新しい世界観を手に入れた気がしますよ。
でもやっぱり飯は日本食がいちばんだね。
日本に帰ればアン肝と日本酒が
待っていることでしょう。

ってぇなことで、
次回は最終回。

                                                


【解説】

なんだコレ...ってなぐらいの、
可愛げな本文のことはおいておくとして、
この日のイベントは、
ロックフェラーセンターのクリスマスツリーの点灯式。

3.jpg
         ネットから拝借画像

日本に帰ってきてから気がついたんだけど、
この点灯式って毎年、日本でもニュースになってんのね。

日本を発つ前は、
こんなイベントをやってるなんて、
思いもしていなかったんだけど、
このタイミングでそんなのがあるなんて、
またまた端倉さんから教えてもらったりしちゃったら、
そりゃ行くしか無いよね~ってなことだったに違いない。

ひとまずこの旅で行こうと思ってたところは、
制覇してた筈なんで、
朝はゆっくりしてたんじゃないかなー。

で、このロックフェラーセンターのイベントは、
ウン万人とか集まるもんで、
確か4時過ぎにはバリケードで入り口が塞がれちゃって、
それ以降は入場不可。

会場にトイレとかが無いもんだから、
4時前に入っても、
トイレに行こうと外に出ちゃったら、
再入場不可。

なので水分とか飯とか気を使って制限してたような気が...。

2.jpg
          ナン万人いるんだ??ネットから拝借画像その2

こういったマメ知識みたいなのも、
ぜんぶ端倉さんから教えてもらったんだモンなー。

万全の体制でイベントを楽しみつつ...。

といっても、ステージの上なんて、
全然見えなくてナニやってんだか、
良くワカンネーよーーー状態だったんだけどね。

なんとかビジョンみたいなヤツで、
たぶん全米ネットで放送してるんじゃないかって番組が
映ってたんだけど、
それでナニやってんだかって、
やっと判るような気がする程度。

字幕が無いからナニ言ってんのかも、
ワカンネーしよー。

で、セレモニーの間で、
なんとかビジョンみたいなヤツで、
会場を映したりもするわけで、
それ見ると、NYの人ってホントに黒ばっかり着てたんだよね。

あ、なんとかビジョンに黄色いのが映ってる!!!

ためしに手を振ってみたら、
なんとかビジョンの黄色いのも手を振った!!!

ってコトは、
あの黄色いのってオレーーー!!!!!
...みたいな。

ウン万人が映ってる中で、
自分が見つけられるとは、
すげーウレシー!!!!

1.jpg
NYの人は黒服ばっか(当時)ネットから拝借画像その3

ってなこともありつつ、
無事にクリスマスツリーはライトアップされたのだ。

見ず知らずの、
外人さんとなんだか盛り上がって、
楽しかったなー。

ロックフェラー.jpg
                 見ず知らずのオッサンと盛り上がる


米日記(第12日目) 米日記(第14日目)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

米日記(第12日目) [旅日記]


そろっと佳境であーる。

                                                

"A・O・I・HI・TO"
December 1 1998


やっぱNYは最高です。
楽しいなぁ。
ウレシイなぁ。

今僕は DUFFY SQ.とゆうところにいます。
どんなところか興味ある方は
http://www.worldofwebs.com/thenewyorkinn/duffy/duffyflame.htm
を参照してください。


やっぱね.....
NY最高!!

おもしろいよ。
楽しいっす。

今日はシカゴからデトロイト経由で
NYに移動する日でついでにブルーマンってゆう
オフブロードウェーのミュージカル(?)みたいな
やつをみる予定でした。

実はシカゴからNYに来る途中でホントに
とんでもない事件が起きたんだけど、
この際そんなことどうでもいいぐらいに
NYが面白いのでここでは割愛。

いやマジで。
これを読んだら今すぐNYに来てブルーマンを
見ることをお勧めする!!

内容は口では説明できません!!

ともかくみろ!!

そんなカンジ。

つくづくNYはエンターテイメントな街だと認識。
この前のSTOMPもおもしろかったけど、
どちらかひとつしか選べないならば
ブルーマンをお勧めする。
できればSTOMPを見て、
数日後にブルーマンをみれれば最高!!

ほんとにね、ブルーマンは最初っから最後まで
面白い!!
スゴイ!!面白い!!スゴイ!!面白い!!...の
くり返しで、開いた口がふさがりません。

たまたまとれた席も最高だったんだよね~~。
1階2列目中央席。
ホントに端倉さんサンキュウです。

いやぁホントに...。
遅刻しそうだったんだけど
遅刻しなくてホントに良かった。

マジで見た方がいいと思うよ!!
東京にきたら絶対見に行った方がいいね!!

STOMPもそうだったけどブルーマンは前出では
ミュージカルみたい...と言ったけど
実はそれとは全然違うものです。

そうね...数年前に日本で流行った
"パフォーマンス"
って言葉が適当なんじゃないかな。
(英語での意味は別としてね。)

子供でなければ無条件に楽しめる!!
ホントにそんなカンジです。

(実に抽象的な説明で失礼。
  でもみれば一発でわかる。)

さて...
どうやってもこの興奮を伝えられることはないと
思うので話しをすすめると、
先程も説明しましたが、僕は今、前回のNYで滞在した、
"THAI HOTEL"の
斜め向かいのアパートメントの中にある
"DUFFY SQ."に滞在しています。

ここがね....ホントにいい部屋なんだ!!

ここはホテルじゃないんだよね。
アパートメントの1室なんだ。
アパートメントを借りてるイメージだから...
ホントにNYに住んでる気がしてくる!!

DSC0016.jpg
                  普通にアパートメントを借りてみました

ショーを見に行ったり、
食事をしてきたり、
DELIでビールとツマミを買ってきてみたり。
立地条件はタイムズスクェアの中心近くに位置するし、
どこに行くにも便がいい!!

7th Ave 47th St



どんなところにいるかは、
ともかくHPを見てください。

みたまんま。
嘘も言っていなけりゃ、冗談でもありません。
世の中甘い汁もあるんだなと認識しました。

NYの夜も5日目なので、
すっかりニューヨーカーの気分です。

もう眠るのがもったいなくって!!
...ってそんなカンジです。

(なんか今日はえらく抽象的だなぁ~(^_^;) )

ちなみにだいぶ前に紹介した、
宮丸さん、水野さんの滞在していた TIMES SQ.が
同じアパートメントの29階で、DUFFY SQ.が20階に
なります。

NYに来るなら絶対おすすめ!!

あ~あ。
できれば一週間ぐらい滞在したかったなぁ~。
英語でも勉強しにまた来てみようかなと
思ってみたりして。

(ルームシェアを希望する人いないですかね?)

明後日には日本に帰ります。

明日は例のやつを観に行って~~~...っと。
(観れるといいな。CNNに映ってやるぜ!!)

てなことで、ちょっと酔っ払いで気分のいい
ボクでした。

そいではみなさんおやすみなさい。



そういやこっちのケーブルテレビとかはすごいっすね。
タイタニックとか割と最近の映画バンバンやってるよ。
(英語だけど....(^_^;) )
日本もディレクティービーとかSKYパーフェクTV
とかそうなのかね?
それだったら入ってもいいかも!?


                                                


【解説】

本文の乱れっぷりはおいておくとして、
滞在を10日も過ぎると、
最初のおっかなびっくり具合も、
収まってきたようでイロイロ大胆になり始めた頃のようで...。

朝っぱらからシカゴからの飛行機に乗り遅れちゃったんだよね。

早めに空港に行くつもりだったんだけど、
ここはアメリカだからギリで大丈夫なんだよー...なんて、
ゆー話があったもんだから、
じゃあ地元の人が言うんだからみたいな感じで、
ギリでいったらもう搭乗が締め切られていたみたいな。

実際、出迎えに来てもらったときなんか、
フツーにボーディングを降りたところまで迎えに来てもらってたんで、
日本とは違うんだななーなんて思ったもんだから、
何回も利用しているであろう
地元の人の意見を鵜呑みにしただけだったんだけど。

この日はNYについたら、
そのままブルーマンを観にいくって話になってたんだけど、
電話のかけ方さえ良くわかんないもんだから、
コーディネートしてもらってる端倉さんにも
ウマいふうに連絡取れないし、
デトロイトで乗り継ぎしなきゃなんなくて、
乗り継ぎの飛行機も変更しなきゃなんないし、
そもそも正規でない格安航空券とかで行ってるもんだから、
そういった変更がお金とかどうなっちゃうかわかんないし、
いままで外国でいろいろあったけど、
これが一番あせったイベントだったな。

英語がしゃべれないモンだから、
自分で交渉のしようがないもんなー。

で、あれやこれや、
いろんな人のチカラを借りながら、
なんとか次の飛行機には乗れたんだけど、
ブルーマンは遅刻できっと観れないだろうし、
端倉さんには迷惑かけちゃっただろうしで、
悲壮な感じでNYへ向かったのでした。

でー。

次の飛行機で予定より遅れて空港に着くじゃない??
待ち合わせとかあったから、
かけかたの良く判らない電話で端倉さんとかに連絡とりつつ、
そっからマンハッタンまで行くじゃない??

そっからピックアップしてもらったとしても、
間に合うわけないよなーーーー。

...って思っていたんだけど、
何故か間に合って、
無事にブルーマンを観る事が出来たのでした。

端倉さんが気を利かせて
空港まで迎えに来てくれてたんだったかな??

いやいやこの端倉さんって人の行動力は、
ホントーに凄かった。

ブルーマンのチケットの手配もお願いしてたんだけど、
1階2列目中央席って、
なんでそんな席取れるんだ??ってな具合だし、
ともかく全てにおいてフォローが凄い。
別で先生みたいなこともやってるようなこと言ってたし、
凄すぎて正体がよく判らんかった。
でもゼンゼン嘘っぽくない。

こんな本も出版されてます。

NY101人のメッセージ

NY101人のメッセージ

  • 作者: 端倉 哲也
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2002/09
  • メディア: 単行本


ブルーマンについては、
本文の通りガツーンとやられてしまいまして、
その後、日本公演は2回も観にいっちゃったしねぇ...。

 おのぼり日記
 贅沢な週末(その3)

もう一回ぐらい、
NYで観てみてもいいかな。

ザ・コンプレックス・ロック・ツアー・ライヴ [DVD]

ザ・コンプレックス・ロック・ツアー・ライヴ [DVD]

  • 出版社/メーカー: WARNER MUSIC JAPAN(WP)(D)
  • メディア: DVD



で、この時に泊まった
DUFFY SQ.だけど、

アパートメントの前の通りを曲がったら、
そこはもうタイムズスクエア!!
ってな好立地に端倉さんがアパートメントを持ってて、
ここを貸してもらえるってシステムで、
なんてったって、
アパートじゃなくてアパートメントなんで、
すげーリッチな気分を満喫。

ニューヨークのドアマン付きの
高級マンションの高層階に住んでる人のような、
なんちゃってが出来たわけで、
一生でそんな体験を自分がするとは思ってもいなかったモンだから、
なんだかスゲー不思議な気分になった気がするよ。

残念ながら今はもうそこは泊まることが出来なくなったらしいんだけど、
でももしもう一回NYに行くようなことがあれば、
ホテルではなくて、
こういったところかB&Bなところに泊まってみたいなーとか、
ずっと思っていたりする。

そうこうしつつ、
大興奮のNYライフは、
いよいよ滞在最終日を迎えるのであった...。


米日記(第11日目) 米日記(第13日目)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。